将来性に投資して|売りアパートでガッポリ稼ごう|人生を生き抜くコツ
レディ

売りアパートでガッポリ稼ごう|人生を生き抜くコツ

将来性に投資して

紙幣と積み木

人口減少が始まっている

投資用マンションで利益を上げようとするのであれば、都市部の投資用マンションを買いましょう。なぜならば、人口が減少しているからです。人口が減少していることと不動産投資は、一見すると相反することのように捉えられますが、都市部の不動産に限ってみれば、人口減少時代は価格高騰の可能性が非常に高いと言えます。なぜならば、人口がいくつかのエリアに集約するからです。現在、過疎地の中には、コンパクトシティ化を推進しているところもあります。コンパクトシティ化とは、インフラなどの設備負担を減らすため、また、同じコストで質の良いサービスを提供できるようにするために、点在する住居を1つのエリアにまとめようとする構想のことを言います。

将来は拡大

コンパクトシティは、今は、過疎地域だけの話となっていますが、人口の減少が続けば、もっと大きなエリアでコンパクトシティ化を推し進めて行くことになります。コンパクトシティとなったエリアはインフラもサービスも充実するわけですから、人気エリアとなります。もちろん、人気の高さは不動産価格や家賃に反映されてきます。都市部の投資用マンションは、今現在の利回りをすると郊外の投資用マンションに劣っています。しかし、10年後、20年後にそのエリアがどうなっているかということを考えて、投資用マンション選びをしていきましょう。うまく選べば、保有資産に含み益が発生するだけでなく、家賃の上昇という恩恵も受けることができ、取得価格に対する利回りは飛躍的に上昇します。